HEAVEN SEEKER コノ残酷ナ世界ノ救イ方(HEAVEN SEEKER ――The Savior of This Cruel World)

HEAVEN SEEKER コノ残酷ナ世界ノ救イ方(HEAVEN SEEKER ――The Savior of This Cruel World)

2024年6月にSteamでリリースのアクション。入るたびにランダム生成される天空城を攻略するローグライクシューター。

感想

評価: (3.5 / 5)

よくあるファンタジーのダンジョンクロウルのかと思ったら。どちらかといえば弾幕シューターというなかなか興味深い作品でした。

最初のチュートリアルの部分で、キーコンフィグがいきなり表示されたので、雑なつくりだな・・・。といいますか、設定項目多いなぁと思いました。

しかし、実際にプレイしながらわかりやすく説明してくれます。しかし、チュートリアルの後半は、敵が出てきて適当に倒して終わりかと思い、ほんとに雑にプレイしたところ、敵にやられてしまいました。

すると・・・。チュートリアルの最初にもどされやりなおし!たぶんやらなくても良いのかもしれませんが、一応クリアー。

つぎに、最初に見えたNPCに話しかける。失礼かもしれませんが比較的どうでもいい話だったので、飛ばして、”はい”をおしたところ・・・。

チュートリアルに戻されました・・・。なかなか手強い作品です。

天空城の前では、他のキャラクターとの切り替えなどが可能で、最初に適当に選んで、チュートリアルをしてみて使いにくかったとしても、ここで変更可能です。


城の中は、ランダム生成で、死んであきらめると、何も手にできずやり直し。当然、前の城内とは別物になるので、ポイント内で実装可能なスキル以外は、プレイヤーとしての経験しか残りません。

ドット絵のグラフィックや、キャラクターの動きなど、とても丁寧に作られており、天空城の攻略はもちろんですが、Steamの実績解除がやり込み要素となります。

通常時2000円をこえる価格となっており、”HEAVEN SEEKER Prologue”という無料お試し版も用意されているので、そちらを試す事も可能です。

投稿時点の情報になります

Steam:HEAVEN SEEKER コノ残酷ナ世界ノ救イ方

©SUCCESS Corp.