鳴潮(Wuthering Waves)

鳴潮(Wuthering Waves)

2024年5月にリリースされたアクションRPG。この世界は、悲鳴と呼ばれる大災害により文明が崩壊し再構築された。主人公の漂泊者は記憶喪失で目覚め、失われた記憶を取り戻す旅に出る。

感想

スマホとPCでプレイが可能なアクションRPGです。

クオリティの高いグラフィックで、ストーリーもしっかり作られており、原神、幻塔、崩壊スターレイル、のような雰囲気の作品です。

少しだけ遊んでみて、ストーリー重視で、NPCとの会話が多く、とにかく会話のシーンが長く感じました。ただしSkipできる部分もかなり多く、リセマラがしやすいよう配慮されているように感じた。または、無駄に長い会話に耐えられない層が離脱しないように配慮しているのかもしれません。

NPCとの会話ですが、意味の有る会話で、選択肢によって何か変化があるならいいのですが、とにかくNPCとの会話を楽しむといった雰囲気だけの会話と選択肢が多いです。なので、まるごとSkipできるようになっています。中国や韓国のゲームによくある、仲間になったキャラクターから特に意味のないLineのようなメッセージをやり取りするコンテンツに近い感じです。

フィールドは自由に動く事が可能で、あっちこっちにアイテムを作る為の素材が落ちており、拾えそうなものが見えると、ついつい拾いに行ってしまいなかなか先に進みません。また、壁をよじ登れる部分や、高所から降りられるグライダーもあり、いつのまにかクエストのルートから外れていたりします。

戦闘に関しては、3体のキャラクターを切り替えながら戦うタイプで、特に原神をプレイした事が有れば操作に困ることは無いと思います。特に序盤は、複数の敵に対し雑な操作で戦っても勝てるので、爽快感があります。

ガチャに関しては、10連を5、6回できました。初心者ガチャは少し安くひけたので、そんな感じだったのかもしれません。特にキャラクターについても調べてなかったので、適当にやりましたが、☆5キャラが1体でました。

良い点

キャラクター(とにかくグラフィックが綺麗)
アクションが爽快
10連ガチャが5,6回ひける

悪い点

名前など難しい漢字が多い
ガチャでキャラクターが出にくい(運だと思いますが)

現状(とりあえずガチャまで遊んでみた)

正直言ってしまえば、原神と大きく変わりません。もちろん後からリリースされているので、グラフィックのクオリティは高いと思います。原神でもそうでしたが、キャラクター名が日本ではあまり使わないような感じが並んでいたりするので、ローマ字表記のほうがありがたいです。
また、中国のゲームにありがちなんですが、あれもこれもでメニューがわかりにくいです。

評価: [評価 3.5 /5]

投稿時点の情報になります

鳴潮 (Wuthering Waves)公式:『鳴潮』正式リリースPVトレーラー:荒波鳴踊(コーハメイト)

©HK KURO GAMES LIMITED